地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)

安心して遊べる土地に!ピースボートの自信廃絶キャンペーンについて

ピースボートでは地雷廃絶キャンペーンを積極的に行っています。カンボジアをはじめ、世界中に残された地雷を支援者の募金によって撤去する活動です。世界には、戦争が終わっても地雷が残り続けそれにより命を落としている人も少なくありません。

この活動は1998年よりスタートし、2014年までには19箇所での撤去活動を行っています。処理された地雷・不発弾の数は800以上にものぼっています。この功績は非常に高く、カンボジア王国友好勲章も授与されています。

地雷廃絶キャンペーンは、街頭での募金活動が主になります。東京や横浜、名古屋など全国の都市部の駅前でピースボートのボランティアスタッフが募金をお願いしています。募金のために借りた場所に対しても、活動終了後にゴミ拾いを行なうなどして街の美化活動にも一役買っています。

地雷を撤去した土地には、小学校や運動場などその地域の人のための施設が建てられています。今までは地雷のため近寄れなかった土地で、子どもたちがのびのびと遊べるようになるのです。街ゆく人のほんの小さな思いやりが、遠くの国の人の命を救っています。もし街中を歩いているときにピースボートスタッフを見かけたら、少し足を止めて話を聞いてみてはいかがでしょうか。

RETURN

top page